ノラニンジン(野良人参)

セリ科(ヨーロッパ) 信号待ちで、気になるお花がありました。 白くて平たいお花のかたまりがゆーらゆら。 縁の花びらがやや長目。 真ん中の黒いのは特有の色付き花かも。 人参の原種といわれています。 金時人参の産地で気になったのはご縁だな。 食べられ…

ユキノシタ(雪の下)

ユキノシタ科ユキノシタ属(日本・中国) 赤い走出枝をぶちぶち抜いて拡大抑制。 ペロンとのびた花びらが舌みたいだから 雪の舌という説もあるみたい。 食べられるそうなので 晩ごはんに天ぷらをつくってみました。 お茶っぱ風味かな。 おひたしも作ってみた…

草抜き

きのう雨が降ったので草抜きをしました。 土がやわらかくてすぐ抜けます。 たぶんヨトウガさんの幼虫。 春の訪れを知らせてくれるスズランは 花の季節が終わっていました。残念! スズランの日の5月1日あたりが見頃かな。 そうそう、全体に強い毒があるよ…

ハマヒルガオ(浜昼顔)

連休最後のドライブは 東へ東へと進んでみました。 海岸についたのでお散歩したよ。 ハマヒルガオが群生して咲いています。 外来植物に押されて少なくなっているそうです。 匍匐性だね。 この看板を見て進んだけれど… お花の時期にまた来よう。

祖母んちの庭

青空に映える、春モミジの 出猩々(でしょうじょう)かな。 ヒメツルソバ(姫蔓蕎麦)です。 ポリゴナムともいうみたい。 牡丹がくったり。 見頃を逃してしまいました。 トクサ(砥草)にとまっている ウメエダシャク(梅枝尺)と ハナアブ(花虻)さん。

うどん屋さんの植物

筍を買ったあと うどんを食べに行きました。 たまに無性に食べたくなるおいしさです。 お庭には白いタツナミソウ(立浪草)。 群生して波が立ってるみたいだから。 さわさわした涼しげな水草は ガイアナドワーフというらしい。 水辺のある暮らしに憧れるなあ…

タケノコの季節

孟宗竹の筍のおいしい産地へ 買いに行きました。 山の竹林は黄色くなって 筍に栄養を使っているのね。 筍アイス 帰りの山道ドライブで 素敵な景色に出あいました。 桐のお花も咲いてるね。

ニワトコヒゲナガアブラムシ

拝殿を降りた右手に 夏みかんの木がありました。 なってるなってる。 若い葉っぱに群がるアブラムシさんたち。 ニワトコヒゲナガアブラムシ(接骨木髭長油虫) の無翅型成虫じゃないかな。 ニワトコがないといないはずのアブラムシ。 髄には随分おせわになっ…

八幡神社

前々からお詣りしたかった神社へ 行ってきました。ニワトリさんや わんこの像に出会えたよ。 よくなでられて頭が光っています。 想像していたより大きな神社でした。 駐車場からパチリ。 住宅地の中に鎮守の森で囲まれて。 ちょっとした異空間で癒されます。

セイヨウカノコソウ(西洋鹿の子草)

オミナエシ科カノコソウ属(ヨーロッパ) フジ棚近くの神社にお詣り。 小川に白い花が群生していてかわいいな。 薬草やハーブとして栽培される セイヨウカノコソウだと思うんだけど。 お腹がすいたのでお弁当にしよう。 帰り道、車窓から見える田んぼがきれ…

ノダフジ(野田藤)

マメ科フジ属(日本固有種) 道を戻って目的地に着きました。 昔は大勢の人が見に来ていたんだけどな。 すぐ横はキャンプ場のお手洗いです。 水洗音とBBQのおいしい匂いの中でお花見。 右巻きなのでノダフジ(園芸種)確定。 ヤマフジ(自生種)は左巻き…

ヒメジョオン(姫紫苑)

キク科(北アメリカ) ダムの遊歩道で白いお花を発見。 ベニシジミがお食事中のようです。 ちうちう。 茎を折ると中が詰まっているので ヒメジョオンだな。 よく似たハルジョオンは中が空洞で 心配になるくらい蕾がぐんにゃりします。

ダムでお散歩

道をまちがえたらダムに着きました。 これもご縁だ。お散歩しよう。 遊歩道をおりて音が聞こえる方へ。 勢いよく水が出ていました。 駐車場とお休み処もあるよ。 お花見時期は賑わうんだろうな。 車道から上流方向を望む。 新緑と青空と水面、最強です。

シャクナゲ(石楠花)

ツツジ科ツツジ属(ヒマラヤほか) 鳥居近くの新緑に映える白いお花は シャクナゲでした。 葉っぱだけ見るとユズリハそっくり。 合わさって咲いてもこもこ。 中をのぞくと あれ、互い違いだったのね。 葉には毒があるそうです。美しいもんね。

新緑の道

まばゆい緑のトンネルを走っていたら 鳥居があるひらけた場所にでたので 車をおりて散策しました。 木彫りの竜神さまにご挨拶。 振り返ると鯉が泳ぐ池がありました。 水の音がする方へ行ったら 不動明王がウインクしていたよ。 しゃもじを持った田の神さまも…

オッタチカタバミ(おっ立ち傍食)

カタバミ属カタバミ科(北アメリカ) ユウゲショウの隣で黄色いお花が咲いていました。 葉っぱがみんな谷折りだ。 立ち上がって咲いているからおっ立ちカタバミ。 いいネーミングだね。 満開が待ち遠しいツツジの小径。 来週あたりが見ごろかな。

ユウゲショウ(夕化粧)

アカバナ科(北アメリカ) 公園の石段に腰かけてお弁当を食べました。 目の前に赤紫色の可憐なお花が咲いています。 ペターっとはりついて冷えないのかな。 夕方に花が咲くから夕化粧。 でも実際は朝から咲くらしいよ。 ぽかぽか。植物観察日和です。

ナヨクサフジ(なよ草藤)

マメ科ソラマメ属(ヨーロッパ) 夕方の金色に光る草原の中で目をひく花を発見。 花の反り返った部分が少しだからナヨクサフジ。 半分だったらクサフジ。 巻きひげに葉の雰囲気からマメ科だね。 新芽や若葉は食べられるようです。 そろそろ時間。 待ち合わせ…

寄せ植え

役員おつかれさま、と プレゼントいただきました。 マーガレット お日様にあたるとピンクが濃くなるそう。 ペチュニア バコパ ステラとも言うようですね。 うれしいな。役員がんばってよかった!

オオキバナカタバミ(大黄花片喰)

カタバミ科カタバミ属(南アフリカ) 隣の公園でブランコ揺らして腹ごなし。 植え込みをのぞくと黄色いお花がありました。 オオキバナカタバミです。葉に黒っぽいてんてんがあるのが特徴。 動くたびに何かを踏んづけるので 下を見ると小さい椿の果皮…? 内側…

宮うどん

とても混んでいたので おでんを食べながらまちまち。 メニューはこんな感じ。 炊飯器があったのはなんだろな。 宮うどんにしました。 おもちが3つも入ってたよ。 麺は平たくてやわらかめ。 次回は肉ごぼうぶっかけをいただこう。

神社にうどん屋さん

社叢の緑がみずみずしい。 地元では有名な神社で うどん屋の大将は宮司さんらしいよ。 入り口は… 3基移動させたのかな。 一人ずつしか出入りできない狭さと 気取らない感じがいいね。 駐車場は境内です。

春の山

1日、山でお仕事でした。 アカメガシワの新葉です。 名前のとおり真っ赤っか、そしてゴワゴワ。 おやこれは。 春の山菜タラの芽ですね。 山の持ち主さんが採ってわけてくれました。 バター炒めにしていただいたよ。 ぬめりけと少しの苦味がありました。

お花見2

職場のカレンダーにあった お花見スポットに行ってみました。 池のまわりをぐるりと桜並木が囲んでいます。 反時計回りが暗黙の了解みたいです… たくさんの方が来ていました。 お地蔵さん、あーい。 カレンダーみたいに撮ることは難しいな。 来年はちゃんと…

お花見

雨の合間をぬって お花見をしてきました。 つぼみから開ききるまでひと枝で表現。 今年は色が濃いのかな。 まもなく桜吹雪が舞って ピンクのじゅうたんができるでしょう。 人出が少なくて歩きやすかったけれど 青空に映える桜も見てみたいな。

春が来ました

歓送迎会で飲んだジンがおいしかったので おうち飲み。 暖かくなった今の季節に合うと思いました。 今日のお昼はお出かけ。 ソメイヨシノが3分咲きになりました。 お弁当を食べる人、とまって見上げる人。 みんな桜が好きなのね。 私はクマさんと相席です。

小麦の仲間

今日もうどんを食べました。 うどんのほかに 時々、香ばしいトーストを食べたい 衝動がおこります。 どっちも小麦。 あー小麦小麦。 そんな日だった3月25日は 通りがかった喫茶店にかけこんで アールグレイティーとトーストを補給。 テラスにいるワンちゃ…

シャコバサボテン(蝦蛄葉仙人掌)

祖母んちのサボテンが花をつけました。 どの花もうつむいて恥ずかしがり屋さん。 くぃと花の首をあげてみます。 なんて艶やかな色、つくりでしょう。 ほうほう シャコに似ているね。 葉の中からにょっきり花芽が。 なんてこった!